遺言書作成、相続手続き、生前契約書作成などのご相談は、あや行政書士事務所へ。埼玉県川口市の行政書士事務所です。
1級FP技能士、CFP資格も保有し、お客さまに寄り添いながら親身にご相談をお受け致します。

親身に丁寧にご対応致します

遺言・相続 あや行政書士事務所

ご予約・お問合せはこちらへ

048-235-5245

受付時間:平日8:30~16:00

     土曜9:00~12:00 土日祝も予約があれば対応

【出張相談】【秘密厳守】【少人数セミナー実施】

子供から親に相続準備を行ってほしいとどう伝えるか

話すタイミング

皆が集まるときにお互いの健康や将来プランについて話しましょう

年末年始やお盆など、家族が集まるときにお互いの健康状態や、家族のこと、将来プランについて話すときに、親の将来や相続の考え方について話をするケースがあります。

また、親戚など身近な人の葬式や法事のときに、兄弟とともに親の相続について話をするケースがあります。

話す内容

新しく始めたい趣味などの話にはじまり、健康やかかりつけ医や財産の整理の話題へ

・親の今後の生活の希望(旅行に行きたい、新しい趣味を始めたい、田舎に住みたい)など希望を聞いてみましょう。また、健康面で不安なことや、かかりつけ医があるかや近所の親しい人の名前も聞いておくと安心です。

また、親に自分の財産を把握しているかを聞いてみましょう。把握していない場合は、子供のためにも財産リストを作ってもらいましょう。

何から始めればいいか

・親戚など「○○(地名)のおじちゃん」のように子供からみて関係性がわかりづらい人もいます。家系図を作ったりして、親戚関係がわかるようにしておくと、万一の連絡のときにも役立つでしょう。

・主なところからでかまいませんので、財産リストを作ってもらいましょう。預金が分散していたり、休眠口座があることに気づけば、預金を整理してくれるかもしれません。また、借金や保証人、連帯保証人についても記載してもらいましょう。

・(もっと先の)老後について、認知症になった場合は、どのような老人ホームに入りたいかなど希望があれば聞いておきましょう。

・自分史をつくってもらうのもいかがでしょうか。

 

相続準備をすると・・

相続準備をはじめた方は

「心の準備ができた」

「遺される子供のことを考え相続準備をしたので、あとは自分の人生を楽しもう」と親が前向きになれるメリットがあります。

相続準備を始めたことを後悔する方はいらっしゃいません。

お問い合わせ

よくあるご質問

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたさまからのご相談をお待ちしております。

  • 相続が発生したけど、何から手をつけていいかわからない
  • 相続のことって、誰に相談すればいいの?
  • 子供が遺産のことで後々もめないようにしたい
  • 遺言書ってどうやって書けばいいの?

お電話でのお問合せはこちら

048-235-5245

受付時間:平日8:30〜16:00

     土曜9:00~12:00