遺言書作成、相続手続き、生前契約書作成などのご相談は、あや行政書士事務所へ。埼玉県川口市の行政書士事務所です。
1級FP技能士、CFP資格も保有し、お客さまに寄り添いながら親身にご相談をお受け致します。

親身に丁寧にご対応致します

遺言・相続 あや行政書士事務所

ご予約・お問合せはこちらへ

048-235-5245

受付時間:平日8:30~16:00

     土曜9:00~12:00 土日祝も予約があれば対応

【出張相談】【秘密厳守】【少人数セミナー実施】

検認(けんにん)とは?

検認とは、

1.相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせる

2.検認の日現在における遺言書の内容を明確にして、遺言書の偽造、変造を防止する

といった手続きのことをいいます。

遺言書の封印の有無にかかわらず、検認手続きは必要です。

検認手続きは、遺言書の存在、形式、形状、加除訂正の状態、日付、署名およびその内容を明確にして、後日の紛失や遺言書の偽造や変造を防止する為の手続で遺言の有効、無効を判断する手続きではありません。検認手続きを行っても、遺言書自体が無効なものであれば、その遺言書は無効になります。

検認手続きをすることなく、遺言書を執行したり封印のある遺言書を開封すると、過料(5万円以下)の制裁を受けます。ただし、開封したとしても遺言書事態が無効になるわけではありません。

検認手続きの方法

申立人

遺言者の保管者または遺言書を発見した相続人

申し立て場所

遺言者の最後の住所地の家庭裁判所。申し立て後、裁判所から相続人全員に呼出し通知が届きます。呼出しを受けた相続人は必ず裁判所に出向く必要はありません。裁判所に行かなかった相続人には、後日検認済みの通知が届きます。

必要書類

【共通】

①遺言者の出生から死亡までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

②相続人全員の戸籍謄本

③遺言者の子(及びその代襲者)で死亡している方がいらっしゃる場合、その子の出生から死亡までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

 

相続人が遺言者の配偶者と父母、祖父母等の直系尊属の場合

④遺言者の直系尊属(相続人と同じ代及び下の代の直系尊属に限る(例:相続人が祖母の場合、父母と祖父))で死亡している方がいらっしゃる場合、その直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)

 

相続人が不存在な場合、遺言者の配偶者のみの場合、または遺言者の(配偶者と)兄弟姉妹、およびその代襲者(おいめい)の場合

④遺言者の父母の出生から死亡までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

⑤遺言者の直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

⑥遺言者の兄弟姉妹に死亡している方がいらっしゃる場合、その兄弟姉妹の出生から死亡時までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍謄本

⑦代襲者としてのおいめいに死亡している方がいらっしゃる場合、そのおい又はめいの死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

・家事審判申立書(裁判所ホームページよりダウンロードできます)

・遺言書

・遺言書1通につき収入印紙800円

・印鑑

相続人には,申立後,裁判所から検認期日(検認を行う日)の通知をします。申立人以外の相続人が検認期日に出席するかどうかは、各人の判断に任されており,全員がそろわなくても検認手続は行われます。

自筆証書遺言は作成は比較的容易ですが、加除訂正に厳格な要件がありますし、亡くなった後の検認手続きが少々手間で、最短でも手続きに2か月程度かかります。その間銀行預金等の名義変更も、不動産の名義変更もできません。残された方のご負担を考えると、遺言者がお元気なうちに公正証書遺言を作成されることをお勧め致します。

お問い合わせ

よくあるご質問

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたさまからのご相談をお待ちしております。

  • 相続が発生したけど、何から手をつけていいかわからない
  • 相続のことって、誰に相談すればいいの?
  • 子供が遺産のことで後々もめないようにしたい
  • 遺言書ってどうやって書けばいいの?

お電話でのお問合せはこちら

048-235-5245

受付時間:平日8:30〜16:00

     土曜9:00~12:00