遺言書作成、相続手続き、生前契約書作成などのご相談は、あや行政書士事務所へ。埼玉県川口市の行政書士事務所です。
1級FP技能士、CFP資格も保有し、お客さまに寄り添いながら親身にご相談をお受け致します。

親身に丁寧にご対応致します

遺言・相続 あや行政書士事務所

ご予約・お問合せはこちらへ

048-235-5245

受付時間:平日8:30~16:00

     土曜9:00~12:00 土日祝も予約があれば対応

【出張相談】【秘密厳守】【少人数セミナー実施】

寄与分とは?

寄与分とは?

共同相続人の間の公平を図るために設けられた制度で、共同相続人の中に、被相続人の財産の維持または増加に特別の寄与をした者があるときは、相続分以上の財産を取得させようとするものです。

特別の寄与が認められる場合、相続財産からその者の寄与分を控除したものを相続財産とみなして、相続分を算定し、寄与者はその算定された相続分に寄与分を加えた額を相続分とすることになります。

 

寄与分にあたるのは?

・家業である農業、商工業に無償で貢献したこと。

・被相続人の療養看護を行った場合。ただ単に、被相続人と同居し、家事を援助しているに過ぎない場合は、親族間の通常の扶養の範囲を超えず、寄与分を認めるのは難しいでしょう。

・不動産の賃貸管理や立ち退き交渉など、相続人が被相続人の財産を管理することによって、財産の維持形成に寄与した場合。ただし、特別の貢献と認められる財産管理を行い、無償で継続して行ったことが要件となります。

介護は寄与分にあたるか?

寄与分が認められるための特別の寄与は、通常期待される程度を超える貢献でなくてはなりません。そのため、どの程度介護をやっていたかが問題となります。家族には扶養義務があり、一定程度の介護はこの扶養義務の範囲内とみられることもあり、寄与分が認められるためには、その介護がどれほど重労働だったかを立証する必要があります。また、寄与分が認められたとしても、介護においては寄与分を金銭的に換算するのが、難しいということもあります。

お問い合わせ

よくあるご質問

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたさまからのご相談をお待ちしております。

  • 相続が発生したけど、何から手をつけていいかわからない
  • 相続のことって、誰に相談すればいいの?
  • 子供が遺産のことで後々もめないようにしたい
  • 遺言書ってどうやって書けばいいの?

お電話でのお問合せはこちら

048-235-5245

受付時間:平日8:30〜16:00

     土曜9:00~12:00